読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりしられ。

読書とポルノと、時々インコの吐き溜め場。

臆病者は、後悔に揺れる。

こんばんは、しーぷ。です。

 

今日は、僕が敬愛する“ポルノグラフィティ”さんのお話。

 

 

あまり最初から、『毎日書く!』

と気合い入れすぎると

すぐにフェードアウトしてしまいがちなので、

こつこつ書いていきます。

 

ポルノさんとは、中学3年生の時に、

親に連れられて行ったライブ

OPEN MUSIC CABINET

から、およそ10年来のお付き合いです。

 

いや、知り合いではないですが。

 

どんな時も、彼らの唄に励まされて

ここまで生きてきました。生粋のらばっぱーでございます。

 

その道中出会った唄の中でも、

彼らの、カップリング曲には本当に魅力的な曲が多くて、

そのセンスと安定性には脱帽です。

 

今回、特に僕が愛してやまないカップリング達を

ご紹介します。

 

↓↓↓

 

①「Sheep~song of teenage love soldier~ (24thシングル『黄昏ロマンス』収録曲」

 何と言おうと、僕がポルノグラフィティの楽曲で一番好きな曲です。

 ファン投票でも、カップリング曲で5位だったし、知名度と人気は高い曲かと。

 僕は、ライブ参戦開始時期が比較的最近からなので、この曲をライブで聴くことは

 夢のまた夢だなーと思っていたのですが、ポルノ丸でまさかの。号泣でした(本当)。

 とにかく、たくさんの思い出が詰まった、青春の曲です。

 

②「Regret (32thシングル『EXIT』収録曲」

 僕の愛用している旧型ウォークマン内で、圧倒的首位の再生数を誇る曲です。

 それくらい好きな曲なのですが、知名度は低いかも…。

 この曲を構成する音が、非常にシンプルなのにもかかわらず、奥行きがあって

 曲の世界にどっぷり浸かれるんです。またあらためて、語ります。

 

③「Swing (7thシングル『ヴォイス』収録曲」

 昭仁でさえ、この曲の存在を忘れていたという、いわくつきの一曲。

 でもめちゃめちゃ好きなんです、この曲。一時期狂ったように聴いていました。

 この曲のCメロが特に好きで、視界が無理やりこじ開けられるような、それでいて

 心地よさも感じる…アクセントが効いています。

 

 

他にも、『月飼い』『夕陽と星空と僕』『蝙蝠』『天気職人』など、、人気の高い曲も

たくさんありますが、個人的には上記をピックアップ。

できれば一曲ずつ、歌詞解釈と語りを加えていきたいなと思いますので、

よければお付き合い下さい。

 

 

それでは、今日はこの辺で。

おやすみなさい。