ゆっくりしられ。

読書とポルノと、時々インコの吐き溜め場。

後悔、先に立たず。<“Regret”の簡単な考察と所感①>

 

こんばんは、しーぷ。です。

今はまだ恥ずかしいので、友人知人には拡散していませんが、

慣れてきたら少しずつオープンにしたいなとも思います。

 

ーーーー

 

僕は、楽曲を聴くときは歌詞をとても大事にします。

メロディという限られた空間の中でも、

言葉が持つ可能性は変わらず、

想像と創造の世界を堪能させてくれます。

 

読む人、聴く人によっても

その世界は変わってくるので、

僕はしばしば、好きな曲が、他の好きな人に

どんな風に視えているのか知りたくて

ネットサーフィンに勤しむわけです。

 

同じようにサーフィンしている人がいるのなら、

そろそろ僕の波にも乗ってほしいなと思い、

さざ波を立てることにしました。

 

いつか、ビッグウェーブを巻き起こすくらいのものが

かけたらと思いますが、そこは驕らず少しずつ頑張ります。

 

 

さて、本題。

 

 

<“Regret”の簡単な考察と所感①>

 

前記事でも触れましたが、この曲。

ほんっっっとうに好きなんです。

どうせライブでは聴けないんでしょうけど、、、(諦)

 

歌詞は、こんな感じ。

www.uta-net.com

 

メロディと歌詞が、しっかり噛み合っていて

聴いていてとても気持ちいいですね。

 

語りつくせないこの曲の魅力。

まずは、1点目。

 

◇ 「コンセプト」がぼやけている

 

この曲、タイトルの通りテーマは『後悔』。

とりあえずそれだけで、この曲の大枠を理解したつもりで

ずーっと聴いていたのですが、あるときにふと。

 

「あれ、何に対する“後悔”なんだろう?」

 

僕は、勝手に恋愛に対する後悔だと

勝手に解釈して聴き続けていたら、

そういえば、直接的な表現はないな、と。

 

それどころか、

「人」に関する表現が極端に少ないんですよね。

 

一人称が、最終連の「キミ」だけ。

この「キミ」も、後悔の対象とは必ずしも言えない。

「パズルのキーを解き明かす為」の存在ですから。

 

つまり、

テーマだけがはっきりしていて、

でもその「コンセプト」は分からない。

5W1Hが、ぼやけている。

 

 

ゆえに、この曲を聴いたときに

『自分が今、一番後悔していること』

を自然と投影してしまうんじゃないかと。

 

 

……うう、僕の後悔の種で大きいのは恋愛か。

それは、またなんとも否定しがたいですが。

 

聴く人によって、その視え方、感じ方が

変わってくるのが言葉の魅力だとお話ししました。

まさに、この曲が体現しているように感じます。

 

 

次からは、実際の歌詞に触れて

もう少し深く掘っていけたらと思いますので、

よろしければまた、お付き合いください。

 

今日はこの辺で、おやすみなさい。

 

>>“Regret”の簡単な考察と所感②へ